このページの狙い
 色々と買い物をしてみると、これは絶対に良い、と思って買った商品が、必ずしも思ったような満足度を与えてくれない場合があります。これとは逆に、予想よりも遥かに出来が良いと感心するような商品もあります。
 勿論、それは、個人の感覚による部分が大きいのですが、それをどこかに記述することは、商品価値の高い商品を応援することになって、結果的に、すべての消費者の利益に結びつくと思うのです。
 当然のことながら、評価の対象にする商品は、必ず「自腹で買ったものであること」が条件になります。
 実は、自腹人のモノ評価というページを、大分前にも作りました。ところが、サイトの設計を間違えて、更新が非常に手間が掛かるので、いくつか新しいモノを買ったことは買ったのですが、新しい記事を書く気分になれない状態が続いていました。しかし、古いページを書き直すのも大変なので、ここにリンクを張ることにします。
              元祖・自腹人のモノ評価のページ
          http://lebenbaum.art.coocan.jp/Jibara/index.html

 このような記事が掲載されて居りました。ちょっと古くなった感じですね。
   ★プリウスPHV(第三世代)の性能
   ★NEC Lavie Z
   ★PFU ScanSnap iX500
   ★iPadMini2が超小型パソコンに
   ★パワーアンプ Nmode X-PW1
     
  ということで全く新しくこのページを作りました。


      新・自腹人のモノ評価 目次 
 
    
       イヤホンの音質と周波数特性の関係 02.12.2017
     イヤホンという未熟な商品 その理由と選択 01.15.2017
     実質ハイレゾを安価に実現 USB−DACの評価 12.30.2016
     SONY Walkman A35+イヤホンは逸品だ  12.26.2016